借金をして初めてわかる借金の怖さ

私が初めて金融会社に借金をしてしまったのは、20歳の時でした。ギャンブルにはまり、投資をするために借金をしてしまったのです。金融会社に借金をする時、カードが発行されます。いわゆるキャッシングカードです。このカードの本当の怖さをこれから思い知らされるとは、この時思ってもいませんでした。初めて借りた金額は、3万円。3万円なら、給料が入ったらすぐに返せるから大丈夫。それが間違っていました。借りた3万円は給料が入り、すぐに借金返済しました。しかし、カードを持っていることで、お金を持っているという錯覚に陥るのです。そして、私はまた借金をしてしまいました。10万、20万、30万と、どんどん借金は膨れ上がっています。最終的に50万まで借金をしてしまいした。しかし、月々の借金返済には、とんでもない落とし穴があります。それは、高額な利子です。私は、この時点で9千円ほどの利子でした。50万という金額など、一括で返せる訳もなく、少ない給料でコツコツと借金返済していくしかありません。しかし利子しか支払えない月ばかりで一向に返済することができませんでした。家族に助けてもらい完済した後、過払い金請求をする決断をしました。これから一生、金融会社には借金をしない。私は、そんな気持ちも込めて、法律事務所へ向かいました。取り戻せた金額は8万ほど。借金をする理由は様々ですが、返済ができないことで苦しんでいるのなら、まずは法律事務所へ行ってください。自分で抱えずに相談をしてください。私は、これで救われました。